COLUMNコラム

2021年03月01日

何が大事?子供のオンライン英会話を長続きさせる3つのポイント

昔の時代よりも、今の時代の方が子供の将来に必要な英語力は大きくなっています。

今までよりもさらに英語力を求められる時代には、子供のうちからオンライン英会話を活用してみることをおすすめします。

子供のうちからオンライン英会話をはじめることが、将来に役立ちそうだと思いつつも子供の集中力などが気になって続けられるか不安に感じている方も多いでしょう。

そこで、子供が英語を身につけられるよう、オンライン英会話を長続きさせるためのポイントをご紹介します。

子供のオンライン英会話を長続きさせるのに大事なのは「自主性」

子供にオンライン英会話を長続きさせるためには、子供が楽しみながら、「やる気」になる必要があります。

子供自信がやる気にあふれ、楽しみながらオンライン英会話を受けている場合、長続きするだけでなく、オンライン英会話の上達も早くなります。

反対に、無理やりやらされているような感覚を子供が持ってしまうと、長続きしないだけではなく、英会話に対して苦手意識を持ったり嫌いになってしまったりする場合があるので要注意です。

長続きさせるのに大事なのは、子供自身が意欲的に取り組む姿勢だということを忘れないでください。

オンライン英会話で子供を長続きさせるポイント

子供がオンライン英会話を意欲的に取り組むには待っているだけではいけません。

子供を変えようと思ったら大人がきっかけを作ってあげたり、環境を整えたりすることをおすすめします。

でも、何からやればいいかわからないという方のために、子供のやる気を引き出すポイントをお伝えします。

  • 自立性
  • 有能性
  • 関係性

これらをうまくコントロールして、子供をやる気にしていきましょう!

ポイント①:自立性

自立性というのは、自分で決めやり遂げたいという気持ちです。

自立性を育てるには、本人の意思でいろいろと決めさせるのがおすすめです。

例えば、英語の絵本を選ぶときに大人が選ぶのではなく本人に決めさせたり、オンライン英会話のレッスンの日を本人が決めたりするなど、自分で決めて取り組んでいるような流れを作ってみてください。

ポイント②有能性

有能性というのは、自分ならできるという気持ちです。

有能性を持たせるということは、自信を持たせることと似ているので、ちょっとしたことでも褒めてあげるなど、子供に「やり遂げた」「認められた」という感覚を持たせることです。

取り組んでいることに小さなゴールを作ってあげて、その都度褒めてあげることをおすすめします。

ポイント③関係性

関係性とは、他の人たちと関わる中で評価されたいという気持ちです。

関係性を育てるためには、子供が接する中でやる気を出すような環境を作ってあげることが重要です。

そのためには、オンライン英会話を受けている同士のお友達を作ってあげたり、おじいちゃんやおばあちゃんなど家族以外の人たちにも褒めてもらったりすると効果があります。

子供は、人と関わる中で成長をしていくので、周りの評価を得ようとしてやる気が生まれる関係性というのも、大事なポイントだということを覚えておいてください。

子供のオンライン英会話を長続きさせるにはECCオンラインレッスン


子供が楽しくオンライン英会話のレッスンを受けられれば、自然と自分から取り組むようになります。

ECCオンラインレッスンでは、子供が楽しくオンライン英会話を学べる3つの工夫があります。

1つ目は、子供が大好きな動きのあるゲームやクイズを取り入れていることです。

これにより飽きることなくオンライン英会話を受けられるので、レッスンもあっという間です。

2つ目は、はじめてでも安心してABCから学べるテキストをご用意しているので、きれいな発音を身につけながら学べます。

3つ目は、子供と教えることが大好きな講師が笑顔で明るくレッスンを行うので、英語がはじめての子供でも安心して受けられます。

その他の特徴やレッスンの詳細、無料体験はこちらに載っていますので、ぜひご覧ください。

子供向けオンライン英会話の詳細を確認する

子供のオンライン英会話が長続きする環境を準備しよう

オンライン英会話で上達させるポイントは、子供に長続きさせることです。

そして、子供にオンライン英会話を長続きさせるには、子供の自主性を育てることが大事です。

ところが子供の自主性はこちらが押し付けて育つものではなく、育ちやすい環境を用意したり、大人が意識して接したりすることでどう育つのか変わります。

大人が強制的にやらせると逆効果になることが多いので、気をつけてください。

今回ご紹介した方法を参考にしながら、子供自身がやりたいと思う気持ちを育て、オンライン英会話を長続きさせることで子供の将来のスキルになるようにしていきましょう。